アスリートのためのクレンブテロール

これは、クレンブテロールの統合が少し混乱するところです:運動目的のためにそれを使用することは、いくつかのシナリオは有益であり、他のシナリオは完全に無意味です。

さらに進める前に、事実を見てみましょう:

  • クレンブテロールは呼吸機能を促進する
  • クレンブテロールは体脂肪を減らすのに役立ちます
  • クレンブテロールは、ヒトにおけるタンパク質合成に証明された効果はない
  • Clenbuterolはフォーカスを強化するかもしれない
  • クレンブテロールは、ヒトの体力増加に証明されていない

クレンブテロールをアスリートとして使用すると運動能力に重大な影響を与えることはないと述べることで、まずネガを取り除きます 酸素摂取量の増加により耐久性が向上する可能性があります。

以下の分野を練習しているスポーツマンは、クレンブテロールを使用しても何の利益も得られません。

  • 野球
  • 総合格闘技
  • ボクシング
  • クリケット
  • バスケットボール
  • 短距離走
  • 走り幅跳び
  • ジャベリン投げ
  • 捨て札

このリストに追加できる他の多くの分野がありますが、上記のすべてのスポーツのテーマ全体には、短期間に実行される「爆発的な」動きがあります。

アスレチックパフォーマンスにおけるクレンブテロールの効果

これは、長期持続性訓練とは対照的に、クレンブテロール 酸素摂取を増強するその能力のために実際に有用であることが分かる。

この後者のカテゴリーのスポーツには、

  • あらゆる種類の長距離走行
  • ローイング(このスポーツは、長い距離と短い距離の規律の間にある程度のハイブリッドなので、この例ではクレンブテロールの肯定的な効果は確かに疑わしいものですが)
  • サイクリング
  • スイミング(この規律は調整と同じカテゴリーに分類される)

おそらく、clenbuterolを使用すると、これらの分野のいずれかに参加すると、本当に耐久性が向上する可能性があります。 しかし、ユーザーが既に健康状態にある場合(アスリート/スポーツ選手から期待される)、クレンブテロールがどれくらいの利益をもたらすかを正確に述べるのは難しいです。

その公式な使用は、最適な呼吸機能を持たない人の気道を開く手段であることに注意してください。 通常、アスリートでさえ、次善の呼吸を緩和する手段としてこの性質のβ-2生成物を適用するだけである。

アスリートのためのクレンブテロール

既に明確な気道を持っている人にとって、それは余分な利益につながることはありません。 「いつも」の利益であると分かりうる1つの要素は、クレンブテロールが 気道は長期間にわたって最適な拡張を維持する それなしで運動することと比較して。

この思考プロセスに基づいて、当初はスポーツでの使用が禁止されている可能性が高いです。 莫大な(もしあれば)肯定的な影響を及ぼさないかもしれないが、上記の概要において不公平な利益をもたらすリスクは依然としてPED(Performance Enhancing Drug)とラベル付けされていることを保証するのに十分高い。クレンブテロールが提供する脂肪燃焼能力は、特定のスポーツシナリオでは確かに有利かもしれませんが、それはパフォーマンス向上のためではありません。

多くのスポーツでは、競技者は体重によって分類されます。体重が過剰になりすぎて、競技前の体重計に時間がかかることがあります。 そのように、クレンブテロールをとることは、競技者が目標体重を時間通りに達成するのを助けることができる。 clenbuterolがスポーツ内で禁止されている物質であることを考えると、これは当然のことですが、ユーザーはそれを統合する際に危険性はほとんどありません。

実際には、競技前の体重測定ウィンドウの周りに薬物検査が行われる可能性があります。これは、クレンブテロール使用のリスクを二倍にします。 しかし、テストされていないフレームワーク内で競争する人にとって、クレンブテロールは、 アスリートの完璧なコンテストのウェイトを達成するのに非常に有用な手段です。

この利点と以前に言及した酸素摂取の強化(潜在性)への余剰は、身体内の栄養素を利用し、分配する潜在的に高められた能力になるだろう。これは、提供される循環/呼吸の出力の自然な延長であり、選手は「より多くの」肉体的利益を得ることができる 彼らが食べる食べ物 クレンブテロールが存在しない通常の摂取と比較して、

それでも、この理論上の栄養素の取り込みがどれほど有効であるかは、かなり計り知れません(提供する代謝率の上昇に基づいていれば、ユーザーは10%の栄養素の摂取を余儀なくされると合理的に考えることができます)。 )提供される強化栄養素の取り込みは、各栄養素の量が吸収される量とは対照的に、栄養素が吸収される速度に大きく関連することにも留意する必要があります。

これは、訓練期間の前後(および栄養分の取り込み速度が重要な期間)に優れた影響を及ぼしますが、他の時間に余分な利益をもたらさない可能性があります。その間、クレンブテロールの効果はアスレチックシナリオは、せいぜい限界があり、最悪の場合は存在しない可能性が高い。 これは、以前に概説した非常に特定のシナリオを除けば、運動強化のためにほとんどアクセスできないことを意味します。